一口馬主からいつか一頭持ちへ

一口馬主と馬券を中心に競馬の話

中山牝馬S 回顧

中山1800はウラヌスチャームにとっては距離が短く小回りで今回は厳しいかなと予想していた。

 

中京が最も向かないとすれば距離は短くなっても前走よりはプラスと半ば無理矢理、上げる事も出来るが。

 

但し2週続けて長めから速めの時計で追い切った事で仕上がりは良く、パドックではここ2戦は余裕残しだった馬体もスッキリ。気配も気合い乗りが抜群。

この馬は基本、落ち着きがあるタイプで淡々と周回をするのだがローズSの時も気合い乗りは凄かったが、それ以来のデキ。

調教とデキが直結する分かり易いタイプだ。

 

レースはやはりカワキタエンカが逃げる形で

テンの3Fは    12.5 11.6 11.9

ミッキーチャームは1コーナーで頭を上げジ・エンド

それも手伝ってか多少、行きたがったワンブレスアウェイが無理に押し上げた後に控えるという形で

中盤の3Fが    12.3 11.5 12.4  

その後の7F目も12.2で速くならないという妙なペースで無駄に緩急をつけるという先行馬には苦しい流れ。

後方から行った馬には、おあつらえ向きの展開になり、殿から2番手を追走していたウラヌスは3コーナー手前からスーッと上がって行けたのを見て、勝った!と思ったが結果はハナ差の2着。

 

4コーナー手前で目の前にいた勝ち馬が一瞬仕掛けを遅らせて軽くブレーキを踏まされたのが勝負の分かれ目。

それでもミナリクはマーフィーの乗った迎春Sを踏襲するような形で上手く乗ったと思う。

それ以上にフローレスマジックに釣られなかった皇成の仕掛けるタイミングが抜群だったのを褒めるべきでしょう。

相変わらず強気で早仕掛けの石橋はそれはそれで気持ちいいが。
ルメールが居ないのもあるが今の皇成は美浦で1番、乗れている。これを継続できるか否か、ここが踏ん張りどころ。

ノームコアは内でどん詰まり。出来ればノームコアとの追い比べを見たかった。

田辺は大丈夫か?ジェネラーレウーノでやいのやいの言われてイップスなんじゃないのか?

心配になるくらい乗れてない。

戸崎のそれはいつも通り。

 

 

さて、惜しくも2着だったウラヌスチャームだが、まさかこんな流れになるとは思っていなかったので中山の1800をこなせたと喜んでいいものやら…

 

後半5Fのレースラップ

11.5  12.4  12.2  11.4  11.9

ウラヌスチャームのラップ

11.6  11.9  11.7  11.2  11.7

多少の誤差はあるだろうが大体こんな感じ。

テンの3Fを先頭から1秒6も遅く入ったところを

ラスト4F目、3F目の勝負どころで楽に押し上げられる形はかなり恵まれた。

 

故に手放しでこの条件をこなせたとは言えないが着実に成長しているのは感じる。

改めてテンを馬の気に任せて終いを生かすのがこの馬のスタイルであると

細けー事、気にしねーで馬に任せろと

届かなきゃ届かないで、しょうがねーと

気付かされた一戦でした。

 

レース後、球節が腫れたようでレントゲンでは何ともなかったみたいだけど

今後も無事でいってくれ!

 

中山牝馬S ウラヌスチャーム

中山牝馬Sにウラヌスチャームが鞍上ミナリクで出走

 

前回の愛知杯から更に短縮の1800

それも中山の内回りじゃどう贔屓目に見ても合うとは思えない条件

陣営はあまりそうは思っていないようだが距離も坂も内回りも苦手な事ばかり

 

追い切りは2週続けて長めから81秒台と負荷はかけている

当週で遅れたのが少し気になるが併せた相手が動きすぎただけで元々サラッとのつもりだろうから問題ないでしょう

 

メンバーを見ると逃げたい馬も多く、何が何でものカワキタエンカが行ってペースは流れそう

番手にミッキー、クロコスミアといったところ

ミッキーは川田だし早めに自分から捉えに行く厳しい展開が予想される

 

ウラヌスは前走の愛知杯を踏まえて出たなりでゆっくり構える模様

テンに急がせるとよくないとは思うのでそれ自体はいいと思う

とは言え愛知杯もテンの3F自身は38.1で入ってるのでそれでポジション取りに行ったのがよくなかったって言うのも考え物ではあるが

しかし時計だけの問題でもないしその辺りが競馬の奥深さだろう

 

問題は先週の雨で馬場が荒れて読めない事

回復して時計が出るようなら前が飛ばして厳しい展開でも早めに押し上げないと届かないだろうし、時計がかかる様であればズブズブの決着もある

 

この馬は重たい馬場は不得手だがそれでも今回は相対的に時計がかかる馬場になった方が、中、長距離適性を問われ好走できる気がする

しかし個人的にはある程度いい馬場に回復して今までやったことのない速いペースの中で早めに動いてどれだけの持続力を発揮できるか見てみたい

 

いずれにせよ厳しい条件で難しいレースになるだろうが新たな一面を見せてくれる事を期待しよう

 

 

 

 

 

愛知杯 ウラヌスチャーム 4着

f:id:muthoroughbred:20190128223822j:image

 

前走から増減なしの500㎏

気合乗りは平凡

上積みを期待したがデキは平行線といったところだろう

もう一絞りほしい感じだ

 

レースは予想された通りランドネが逃げ1000m通過 62.2 という遅いペース

平均的な馬群の中、このペースでちょうど中団やや前のいいところにつけられ

ノームコアがスタートで躓きやや後方からになった事もあり

1000m通過のラップが出た時点で、よし!貰ったぁぁぁ!

と内心、小躍りしていた

そこから2F 11.8  11.7  と続いても隊列は変わらず直線へ

ここから決め手比べならどんとこい!

のはずだが反応が鈍い

瞬時に加速できるタイプではないがそれでも普段に増して反応が鈍い

モタついている間に内からコルコバードに並ばれ外からノームコアに前に出られラスト1Fを迎えるも

前にワンブレスアウェイ左右にコルコバード、ノームコアと窮屈な形

そこから内に進路を取りコルコバードを差し返すも4着

 

展開は向いていたはずだが勝つ事は出来なかった

 

牝馬限定とはいえ昇級戦で初の古馬混合重賞

力負けだとする向きもあるが

おそらく敗因は坂だろう

 

今でこそ、だいぶトモに力が付き、それなりにこなせるが去年の今時分までは府中のダラダラとした坂でさえ苦にして伸びあぐねていた馬

手先が軽く、跳びが大きい

力よりストライドを伸ばして走るタイプ

500㎏と馬格はあるが坂と重い馬場が苦手なタイプなのだ

 

前走も中山で勝ったとはいえ直線入り口でアッサリ勝つかと思っていたが坂でモタモタしていた

坂を上ってからはもう一伸びしたが手応えほどの着差ではなかった

 

今回も坂を上がってからコルコバードを差し返したようにいっぱいになったわけではないが坂で加速できないのだ

しかも中京は直線入り口の勝負どころで急坂

コーナーもキツく独特な為、スピードを上げてコーナー回ろうとすると膨れてしまうので勢い付けて坂を迎える事も難しい

最も向かないコースかもしれない

 

逆にノームコアの坂適性は凄まじい

今回は後ろで矯めていたとはいえ、坂で一頭だけ次元の違う脚

紫苑Sも鮮やかだったが馬場とルメールの好判断だと軽くみていた

坂で楽々加速できるトルク型のエンジンを搭載しているのだろう

 

対してウラヌスは高回転型のエンジン

3度目の重賞挑戦、勝利はまたしてもお預けに

一見、あれ?と思うかもしれないが私の見立てた敗因が正解なら悲観する必要はない

そのうち手が届くはずだ

 

 

それにしてもこの時期の中京は風がとても強くて寒い

馬もジョッキーも大変だ

 

 

 

 

愛知杯 ウラヌスチャーム 鞍上決定

鞍上決まらない問題に揺れていたウラヌスの鞍上が漸く決まった

 

北村友で予定していたモーヴサファイアに自己条件に回ってもらって北村友がスライドする形となった

ジャパンの中では芝の差し馬に乗せれば今、1番活きがいいジョッキーだろう

ちなみにダートなら松山でしょう

 

馬主を見る限りおそらくそこそこ前から話は出来ていたと思われる

それでも登録してきた辺りモーヴ陣営も色気はあったのか

ノーザンも関東と関西だと上手く調整がつかないのか

ノーザン生産といえどG1tcの馬だとそれはそれでまた別なのか

どういう経緯かは憶測に過ぎないがおそらく厩舎サイドだけでは纏まらないのでクラブ側もかなり調整したはず

だから本気度があるなんて野暮なことは言わないが

(重賞に出る以上ある程度どの陣営もそうだろう)

しかしここまで愛知杯に拘ったからには勝ち切って頂こう!

 

 

 

愛知杯 ウラヌスチャーム鞍上決まらない問題

 

特別登録が発表されても上位人気が予想されるウラヌスの鞍上が決まらない

 

前走上手く乗ってくれたマーフィーが短期免許、最後の週

前走勝った時点でおそらく打診しており勝った直後は期待していたが

公式ですぐに発表されなかった事から斤量の問題か

東京で既に予定が組まれていたのであろう事は予見できた

 

そうなると戸崎に戻るのが濃厚であろうがランドネの先約があった模様

 

その上、特別戦の想定を見ると上位の騎手は東京か京都で決まっており重賞といえどやはり牝馬限定のローカルといったところ

他をキャンセルしてまで来てくれるジョッキーはなかなかいない

 

このままでは若手になるが普段の愛知杯ならそれもよかろう

しかし今年はエリザベスで上位だった2頭がデム、ルメで参戦

能力的には引けを取らないと思うが鞍上の差が大きすぎる

 

ただ気性がよく、乗りやすい馬なので外を回してもいいから追走に無理せず4コーナーでデム、ルメを射程圏に捉えられる位置にいれば後は必死に追うだけでいい

さほど難しいミッションではないとも思う

 

そして注目が集まるこういう時が若手のあんちゃんが台頭するチャンスであろう

そうそうチャンスはやって来ない

逃してしまえばそれまで

誰になってもここで結果を出して次のステージへ行くんだという気概で乗って頂きたい

 

 

 

迎春ステークス快勝

愛馬ウラヌスチャームが1月6日(日)中山・迎春Sに出走し見事勝利!

f:id:muthoroughbred:20190110235413j:image

 

前走、東京の1000万下2400m戦

この時はミリオンスターズも同日の未勝利に出る予定だったので日に2つの勝利か⁉︎

などと現在2頭しかいない出資馬(今年デビューの2歳馬は除く)が同じ日に同じ場所でレースに出る事も、なかなか無いだろうに

どちらも勝ち負けになりそうというレアな状況

これに小躍りしていた矢先

ミリオンスターズの悲しいお知らせで一気にテンションダウン

 

それでもウラヌスチャームはスーパーフェザー、チャロネグロといった骨っぽいメンバー相手に完勝してくれたのが

せめてもの救いではあったが…

 

 

そんなこんなで少し間隔が開き

気も改まったところで

ウラヌスチャームの今年、緒戦

昇級戦にはなるが相手には恵まれた感もあるし

素質と近走の充実ぶりからすんなり突破して欲しい

 

とはいえ外回りではあるが中山

直線は短く、急坂で適性はほとんどない

スローになるだろうメンバー構成

遅い流れは得意だが馬群の形によっては差し損ねる可能性も

そんな心配の中、パドックでは余裕残しの緩い仕上がり

マーフィー騎乗も手伝ってか1人気ではあったが、今ひとつ強気になれない

 

レースは予想された通り、ドが3つ付く位のスローで馬群はほぼ一団

中団やや後方から3コーナー過ぎから進出して4コーナーでは前を射程圏に

この時の手応えで勝ったとは思ったが着差はあまりつかず、トモがパンとしたきた今でも坂は堪えるのだろうか

スローの決め手比べはもってこいの展開で恵まれたところはあるけれど

差し馬として正攻法の競馬が出来るようになってきたのは収穫ですね

3コーナーからスムーズに真ん中上がって行って4コーナーで大外を回さず且つ詰まる事のない進路確保した

アイルランドの有望株オイシン・マーフィーくんの騎乗は素晴らしかった

流石プチムーア!

 

これで漸くオープン馬

この後は重賞挑戦になるが口惜しい思いをした去年の貸しを返してもらうぜ!