一口馬主からいつか一頭持ちへ

一口馬主と馬券を中心に競馬の話

引退

先日、出資馬ミリオンスターズが故障により早々と引退した。

 

 

右浅趾屈腱脱位(飛節アキレス腱脱位)で競走能力喪失という診断。

年間5頭位しか症例のない珍しい箇所の故障で不慮のアクシデントだったそうだ。

 

デビュー戦は8月の新潟マイルで、口向きの悪さを見せながら2着。

それから天栄で順調に乗り込まれ

そして2戦目は問題が起こった週の土曜

東京 芝1400にC.ルメールで出走を予定していた。

 

1週前の追い切りの動きも良かったようで(映像は観れていない)

時計はそれ程でもなかったが動きは抜群とブックの短評にも書かれていた。

 

デキも良く、鞍上もルメール確保とくれば期待は膨らむばかり。

ルメールなら、このレースで結果を出すだけでなく、口向きの矯正含め、レースというものを教えてくれるのではないかと

さらなる期待をしていた矢先にこのアクシデント。

 

 

まあまあ競走馬に故障は付き物と言われればそれまでだが

何もこのタイミングで、というところもあり

やり場のない虚脱感を何処に着地させればいいか分からずこのブログを始めることにしました。