一口馬主からいつか一頭持ちへ

一口馬主と馬券を中心に競馬の話

中山牝馬S 回顧

中山1800はウラヌスチャームにとっては距離が短く小回りで今回は厳しいかなと予想していた。

 

中京が最も向かないとすれば距離は短くなっても前走よりはプラスと半ば無理矢理、上げる事も出来るが。

 

但し2週続けて長めから速めの時計で追い切った事で仕上がりは良く、パドックではここ2戦は余裕残しだった馬体もスッキリ。気配も気合い乗りが抜群。

この馬は基本、落ち着きがあるタイプで淡々と周回をするのだがローズSの時も気合い乗りは凄かったが、それ以来のデキ。

調教とデキが直結する分かり易いタイプだ。

 

レースはやはりカワキタエンカが逃げる形で

テンの3Fは    12.5 11.6 11.9

ミッキーチャームは1コーナーで頭を上げジ・エンド

それも手伝ってか多少、行きたがったワンブレスアウェイが無理に押し上げた後に控えるという形で

中盤の3Fが    12.3 11.5 12.4  

その後の7F目も12.2で速くならないという妙なペースで無駄に緩急をつけるという先行馬には苦しい流れ。

後方から行った馬には、おあつらえ向きの展開になり、殿から2番手を追走していたウラヌスは3コーナー手前からスーッと上がって行けたのを見て、勝った!と思ったが結果はハナ差の2着。

 

4コーナー手前で目の前にいた勝ち馬が一瞬仕掛けを遅らせて軽くブレーキを踏まされたのが勝負の分かれ目。

それでもミナリクはマーフィーの乗った迎春Sを踏襲するような形で上手く乗ったと思う。

それ以上にフローレスマジックに釣られなかった皇成の仕掛けるタイミングが抜群だったのを褒めるべきでしょう。

相変わらず強気で早仕掛けの石橋はそれはそれで気持ちいいが。
ルメールが居ないのもあるが今の皇成は美浦で1番、乗れている。これを継続できるか否か、ここが踏ん張りどころ。

ノームコアは内でどん詰まり。出来ればノームコアとの追い比べを見たかった。

田辺は大丈夫か?ジェネラーレウーノでやいのやいの言われてイップスなんじゃないのか?

心配になるくらい乗れてない。

戸崎のそれはいつも通り。

 

 

さて、惜しくも2着だったウラヌスチャームだが、まさかこんな流れになるとは思っていなかったので中山の1800をこなせたと喜んでいいものやら…

 

後半5Fのレースラップ

11.5  12.4  12.2  11.4  11.9

ウラヌスチャームのラップ

11.6  11.9  11.7  11.2  11.7

多少の誤差はあるだろうが大体こんな感じ。

テンの3Fを先頭から1秒6も遅く入ったところを

ラスト4F目、3F目の勝負どころで楽に押し上げられる形はかなり恵まれた。

 

故に手放しでこの条件をこなせたとは言えないが着実に成長しているのは感じる。

改めてテンを馬の気に任せて終いを生かすのがこの馬のスタイルであると

細けー事、気にしねーで馬に任せろと

届かなきゃ届かないで、しょうがねーと

気付かされた一戦でした。

 

レース後、球節が腫れたようでレントゲンでは何ともなかったみたいだけど

今後も無事でいってくれ!